シミ 炭酸ガスレーザー治療

炭酸ガスレーザーは、水分を吸収して熱エネルギーに転換されるという性質を利用した医療機器。細胞に含まれる水分をレーザーが吸収し、蒸散させることで組織を破壊、除去します。

 

ホクロやイボなどの治療にも良く使用されていますが、炭酸ガスレーザーは、表面が盛り上がった厚みのあるシミ、「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」に適しています。

 

炭酸ガスレーザー治療は、ほとんどの場合、一度のレーザー照射で治療が終了しますが、患部の根が深い場合、数回に分けて照射します。

 

基本的に局所麻酔をしますが、範囲が小さい場合、アイス冷却のみで麻酔をしない場合もあるようです。

 

レーザーは、ほとんど痛みもなく出血もしませんが、難点としてレーザー治療後は、最低でも10日以上は、「テーピングが必要です(長いほどキレイに完治します)」

 

炭酸ガスレーザーを照射した患部は、へこんだ浅い傷になり、その後、皮膚表面は「かさぶた」になります。

 

レーザーで、へこんだ浅い傷も徐々に盛り上がってくるので、元のキレイな状態へ治癒します。