シミ フラッシュライト治療

フラッシュライトは、カメラのストロボや電球などと同じ種類の光で、一定の幅広い波長を利用した光機器です。

 

患部に光を吸収させ、発生する熱で患部の組織にアプローチします。また、フィルター、ヘッドの換装により色々と対応できる為、レーザー機器より幅広いといわれています。

 

フラッシュライト機器は種類が豊富にあり代表的なものは、IPL、オーロラ、ゼオと呼ばれている光機器です。

 

その中でもオーロラは、光と同時に高周波電流が流れる為、皮膚の深い層(真皮)まで効果的に光がとどきます。肌のハリ、しわ、たるみ改善など美容の効果も期待できる為、美容、形成外科などオーロラを導入している場合が多いです。

 

フラッシュライト治療の利点は、なんといっても

 

「ダウンタイムがないことです」

 

フラッシュライト照射後は、熱傷による「かさぶた」ができないので、(できたとしても非常に薄いかさぶたの様な皮膜)「治療後にメイクが可能」「テーピングも不要です」

 

フラッシュライトに適したシミ

表面が平らな「老人性シミ」「そばかす」が、フラッシュライト治療に適しています。平らなシミや小さな斑点が多数に散乱しているシミ、ソバカスに良く反応し、熱傷も非常に小さいです。

 

シミ表面を薄く焼き取る感じで、徐々にシミ、ソバカスを薄くしていきます。1度のフラッシュライト照射では、取れないので数回の照射が必要になります。