シミ レーザー治療

医療レーザーは数種類がありますが、シミの治療には、Qスイッチレーザーが、よく利用されます。基本的には、シミの範囲が大きい場合は局所麻酔をしますが、範囲が小さい場合は麻酔はしません。

 

医療レーザーは外部から直接、メラニン色素を破壊して除去ができるので、

 

「シミを完全に消し去る事が可能です」

 

正常な皮膚のダメージを最小限に抑え、負担が少なくて済むのが利点ですが、難点として、「かさぶたができる」「レーザー照射後、テーピングが必要」です。

 

Qスイッチレーザーは、パワーがあるので皮膚の深い所(真皮)まで、レーザーがとどきます。皮膚の全域をほぼ、カバーできることからシミの治療には最適な手段とされています。

 

レーザー治療に適したシミの分類

  • 真皮メラノサイトーシス(ADM)
  • 太田母斑
  • 老人性シミ(老人性色素班)
  • そばかす(雀卵班)

 

肝班、炎症性色素沈着は、レーザー治療で一度、シミ、色素を消すことができても、再発して元のシミ以上に悪化させてしまう恐れがあるので「レーザー治療は、不向きといわれています」