シミ 治療・皮膚科について

ひと昔前では専門の医療機関が少なく、シミの治療方法も限られていたので、治療が難しかったですが、「Qスイッチレーザー機器」が登場したことにより、劇的に治療の幅が広がりました。

 

現在のシミ治療は、レーザー治療が主流になっています。レーザーは出力を調整などして応用がきくので、ほとんどのシミはレーザー治療で、「完全除去が可能」になりました。

 

また、レーザー機器よりも強力ではありませんが、「フラッシュライト」と呼ばれる光機器もあります。フラッシュライトは、レーザーよりも皮膚の熱損傷が非常に少なく、「かさぶた」を作らないので治療後は、テーピングをしなくて済むのが魅力です。

 

ただ、専門の医療機関(美容外科など)でしか治療が受けられない事と、保険対象外なので、費用が高いことがネックなのが難点です。

 

一方、身近な皮膚科のシミ治療は、医師によって治療法は様々ですが、外用の塗布剤に「ハイドロキノン」とターンオーバー促進作用のある「トレチノイン」を併用で処方される場合が多いかと思います。

 

また、内服には、トラネキサム酸、L−システイン、ビタミンC、Eなど処方されます。基本的に外用剤と内服で治療するのが、皮膚科の治療法です。

 

ほとんどの場合、保険が適応されるので費用は安く済みますが、かなりの時間がかかることが難点です。