シミの種類について

「シミ」といっても症状や発症した部位などによって種類があります。顔に種類の違うシミが合併している場合も少なくありません。

 

正しい診断が重要になってきますので、専門医などで診断してもらう事も大事です。詳しい内容は各項目で解説いたしますが、まず、シミの種類にはどんなものがあるのか簡単に紹介します。

 

症状・部位によるシミの種類

 

真皮メラノサイトーシス(ADM)

真皮メラノサイトーシスは別名、太田母斑、ADMとも言います。ほとんどが、20歳以上から発症する顔のシミで、顔の左右対称にできるケースが多いです。厳密にいうと「アザ(母斑)」の種類になり、肝斑と合併していることが多いです。

 

肝斑(かんぱん)

顔に発症する後天性のシミで、左右対称の場合が多いです。色ムラの様に広がった薄褐色で、シミの境界が発症部位によっては、鮮明の場合と不鮮明の場合があります。真皮メラノサイトーシスと合併しているケースが多いです。

 

老人性シミ(老人性色素班)

長年、紫外線を浴びた蓄積によって発症すると言われているシミで、加齢と共に発症、増大していきます。身体ならどこでもできますが、特に日の当たる顔の側面(こめかみ、ほほ)に発症するケースが非常に多いです。

 

そばかす(雀卵班)

幼年期頃から発症する場合が多い遺伝性のシミ。米粒大くらいまでの大きさで形は不規則です。色は淡褐色〜濃褐色で、主に顔にできる事が多いですが、身体にもみられます。

 

光線性花弁状皮膚炎

リゾート地、海水浴など急激に強い紫外線を浴びた後にできる、まばら状の小さいシミ。

 

炎症性色素沈着

外傷、熱傷、かぶれなどの原因で炎症をおこし、皮膚が完治した後にできるシミ(色素沈着)や接触性皮膚炎とも呼ばれていて、ほとんどの場合、自然に完治します。