シミ 予防

シミの原因とされるメラニンは、「紫外線の影響」によってメラニン色素が生成されます。したがって紫外線を常にカットすることが、有効だと考えられています。

 

また、メラニンの還元、メラニンの生成を抑えたり、皮膚の新人代謝を高めることも効果的です。シミは、様々な原因によって発症するので、

 

「シミを完全に防ぐ事はとても難しい」

 

ですが、シミの予防・対策を講じるだけでもシミの再発、予備軍の発生確率をグンと下げることができます。

 

シミの予防・対策のポイント

 

紫外線の対策は、UVケア化粧品を使用するのが最も簡単です。UVケア化粧品はUVA、UVBの両方をカットできるタイプを選ぶといいです。リキッドタイプよりパウダータイプの方が紫外線を乱反射するので優れています。

 

メラニン色素は、酸化(化学反応)して黒褐色に変化するので、これをメラニン色素が着色される前に還元(元に戻す)します。

 

メラニン色素が生成される過程を阻害してメラニン色素の生成を抑えます。方法としては、生成、活性化させるメラニン色素の元の酸素を阻害して抑える方法とメラニン色素を作らせる信号をメラノサイトに送る情報伝達を遮断させる方法があります。

 

正常な皮膚は、生成されたメラニン色素をターンオーバー(皮膚の入替わり)と共に垢となって剥がれおちますが、このターンオーバーが円滑におこなわれないとメラニンは排泄されず皮膚内に蓄積されてしまいます。正常な皮膚の代謝を促すことが重要です。