光線性花弁状皮膚炎

光線性花弁状皮膚炎とは海水浴、リゾート地などで、急激な強い紫外線を浴びる事で、できる小さいシミです。広範囲にわたって体中にできます。薄褐色〜褐色の小さい花びらのような形をしています。

 

「非常に厄介なシミなので」

 

事前にUVケアをしっかりと行って、シミを作らせないように「予防するのが、最善策になります」

 

すでにシミが出来てしまっている場合、美白化粧品では、それほど効果に期待できないので、レーザー治療が一番、適した治療法だといわれています。

 

効果的なUVケアとは

UVケアは、リキッドタイプより、パウダータイプの方が効果的です。パウダーの微粒子が、光を乱反射して紫外線を効果的に防ぎます。また、UVをカットする下地化粧品を塗り同時に使用するのが大変、効果的です。

 

長時間、紫外線にさらされる環境では、汗、皮脂などで化粧崩れをおこしていますので、小まめに化粧直しをして紫外線からの防御を常に整えることが大切です。