シミ メラニンの生成を抑える

メラニン色素の生成を抑える方法は、主に2つあります。ひとつ目は、メラニン色素の生成を促進、活性化させる「チロシナーゼ」という酸素を阻害してメラニンを生成しないように抑える方法。

 

ふたつめは、メラニン生成に深く関与している情報伝達物質「エンドセリン」という物質を先に遮断することでメラニン生成を封じる方法です。

 

皮膚は、紫外線を浴びると刺激を受け情報伝達係のエンドセリンが、メラノサイトに「メラニンを作れ〜」と伝達します。この情報伝達する動きを先に封じ込めば、メラノサイトに情報が届かないのでメラニンは作られないで済むといった具合です。

 

メラニン色素の生成を抑える主な成分

  • ビタミンC
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • L−システイン
  • ハイドロキノン
  • アルブチン(ハイドロキノン誘導体)
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • カモフラET
  • ルシノール
  • シムホワイト377
  • トラネキサム酸など

 

現在、市販されている美白化粧品などは、これらの成分が配合されています。一部、種類、濃度より医療機関でないと処方してもらえない成分があります。

 

メラニン生成を抑える方法としては、美白化粧品、サプリメントを使用する。または医療機関、専門医などで、処方してもらうのが一般的です。