シミ(美白)化粧品について

市販の美白化粧品は、非常に数多く出回っていて、どれを選べば良いのか迷ってしまいます。そこで、目安となるポイントをまとめてみました。

 

シミ対策における美白化粧品選びの基本は、直接、効果に関係のある成分を選ぶ事はもちろんですが、シミを消す、薄くするには、一連の流れが必要です。1つの対策を講じても効果は低いのです。

 

ハイドロキノン配合の製品を単体で使用しても効果は低いので、それに加え、肌の新陳代謝を活性化させて、メラニン排出を促すなどの流れが必要です。

 

美白化粧品 選びのポイント

 

メラニン還元作用のある化粧品を選ぶ

還元作用では、ハイドロキノン、ビタミンC、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスとありますが、その中で一番強力な成分なのが、「ハイドロキノン」です。美白化粧品に、ハイドロキノンが配合されてる製品もあります。

 

メラニン抑制作用のある化粧品を選ぶ

メラニン抑制の働きをする「ビタミンC」「ビタミンC誘導体」が有名ですが、他にもアルブチン、コウジ酸、エラグ酸などあります。

 

また、メラニンを作らせようとする伝達物質を遮断してメラニン生成を抑制する「カモフラET」「ルシノール」などあります。

 

メラニン排出作用のある化粧品を選ぶ

メラニン排出は、ターンオーバーを促進、正常化してメラニン色素の排出を促します。ターンオーバーの促進を促す成分として、「エナジーシグナルAMP」「リノレックス」などありますが、配合されている化粧品は少ないようです。

 

メラニン排出作用を促す成分が、化粧品に配合されていなくても皮膚の代謝を高める方法で、生活習慣やマッサージ、パックなどで代用ができ、こちらの方が効果的です。