真皮メラノサイトーシス

真皮メラノサイトーシスは別名「ADM」とも呼ばれ、「太田母斑」とも呼ばれています。

 

真皮(皮膚の深い層)にメラノサイトーシスという異常細胞が発生してできたものと言われています。不明な点が多く、現在でも解明されておりません。

 

シミと良く似ているので間違がわれやすいですが、本質は

 

「アザ(母斑)」

 

という分類になっているようです。

 

特徴としては、色は褐色〜濃褐色、または灰色がかった褐色で、おもに顔面の額、目元、頬に発症します。左右対称(片側だけの場合もあり)になって現れる事が多く、シミのように広がった形状をしている事が多いです。

 

見た目は、肝斑(かんぱん)と良く似ているので、一般の方には判別が難しいです。肝斑と合併している場合が少なくないので、専門医に診断してもらう事が望ましいと思われます。

 

真皮メラノサイトーシス(ADM)治療法

アザ(母斑)の治療で有効なレーザー治療が主流です。真皮にメラノサイトーシスという細胞組織をレーザーで破壊して除去します。

 

シミの主な原因(メラニン色素の蓄積や過剰な生成)ではないので、メラニンを還元、メラニンを抑えるなどの「美白化粧品を使用しても効果は、期待できないと言われています」