炎症性 色素沈着

外傷や熱傷、かぶれなど炎症後にできるシミの一種で傷、かぶれの度合いによって色や範囲が異なります。

 

軽症の場合は、赤みがかった薄茶色をしていますが、重度になるにつれて紫色〜濃紫色になっていきます。

 

「ほとんどの炎症性色素沈着は、基本的に自然治癒します」

 

治癒する期間は、症状が軽いものであれば数ヶ月で治癒しますが、重度の場合は1年〜数年かかるといわれています。

 

重度の炎症性 色素沈着も改善

私自身の例ですが、過去に針による脱毛をした経験があり、脱毛した部分が濃い紫色の色素が沈着したことがあります。

 

非常に醜い色素沈着でしたが、時間の経過と共に徐々に薄くなって、ほとんどわからないくらいまでに回復しました。

 

かなり重度の炎症性色素沈着の為、目立たなくなるまで3〜4年くらいはかかったと思います。私自身、この醜い色素沈着は一生残るのかと心配でしたが、結果的に自然に治癒しました。

 

経験から言って「しばらく、そっとしておいて症状の様子を見る」のが無難だと思います。

 

何年たっても色素沈着が改善されない、または異変に感じた場合、別の原因等が考えられますので、皮膚科、専門医などで診てもらうことをおすすめします。