肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)が、主に顔面の額、目元、頬、口の周りに発症する赤みがかった茶褐色のシミ。左右対称で発症するケースが多く、色むらのように広がった不規則な形状をしているのが特徴です。

 

女性に多く見られ、妊娠中やピル使用時にシミが悪化する傾向があり、「女性ホルホンが深く、関わっているのではないか」と言われています。現在でも原因は解明された訳ではありませんが、原因のひとつだと考えられています。

 

また、肝斑(かんぱん)は、真皮メラノサイトーシス(ADM)、太田母斑と合併している場合も多いと言われております。

 

合併している場合、大まかな見分け方として肝斑(かんぱん)は、色が均一ではなく、色むらの様な色をしている事と季節によってシミの色が濃くなったり薄くなったりします。

 

一方、真皮メラノサイトーシス(ADM)、太田母斑の場合は、色が均一で、季節による色の変化がありません。

 

症状が合併している場合、一般の方には判別が難しいので、皮膚科、専門医などで診断してもらう事が望ましいと思われます。

 

肝斑(かんぱん) 治療

基本的に肝斑は、レーザー治療と相性が悪く、「シミを悪化させる」原因になってしまうと、言われています。

 

一度、レーザー治療で除去できたとしても肝斑の元である、メラニン色素を一時的に破壊、除去しているに過ぎず、レーザー治療による炎症が強く影響してしまい、結果的にシミを濃くしてしまうと言われています。

 

最近では、肝斑専用のレーザーも登場してきましたが、導入している医療機関は、まだまだ少ないのが現状です。

 

肝斑は、メラニン生成の過程を改善させる事が先決になりますので、改善策として、美白化粧品の使用と同時に還元、抗酸化作用のある「ビタミンC、トラネキサム酸、L−システイン」など内服での治療が有効です。