シミ 対策(紫外線)

紫外線(UVA、UVB)は、身体にとって良い面もありますが、紫外線を繰り返し長時間、浴びる事によって皮膚に有害な面もでてきます。

 

両方のUVが関係していますが、主にUVAは皮膚の深い所まで届きメラニン色素の生成を促し皮膚を黒くさせます。

 

さらに「しわ、たるみの原因」ともなります。

 

UVBはUVAほど皮膚の奥まで届きませんが、炎症などを起こす要因となります。その結果、シミ、ソバカスの手助けをしてしまったり、光老化(皮膚細胞の老化)につながる要因になりますので、日頃からUVケアをする事が、シミを予防する第一歩です。

 

紫外線・UV対策

UVケアは、市販されているUV化粧品を使用するのが最も簡単です。UV化粧品には、UVの防止効果を表す「SPF(UVB防御指数)」「PA(UVA防御指数)」という指数があります。数値が高い程、防御効果が高くなります。

 

UVA防御指数

UVB防御指数

PA 〜+++まで

SPF 〜50まで

 

日常の生活程度でしたら「SPF〜15 PA+」で十分ですが、屋外にいる時間が長い場合は、「SPF20〜30 PA++」程度が好ましいです。炎天下などの紫外線が特に強い場所は、最低でも「SPF30 PA++」以上が必要です。

 

UV化粧品はリキッドよりパウダー系

リキッドタイプは、均一に肌塗れることで表面がなめらかですが、パウダータイプの場合、肌に微粒子がのるという感じで表面がデコボコしています。このデコボコが紫外線を乱反射して防いでくれるので、より効果が高いのです。

 

こまめに化粧直しをする

皮膚表面は汗をかいたり皮脂が分泌されているので、時間がたてば化粧崩れがおきます。
特に暑い夏は汗をかくので、まばらに焼けないように小まめな化粧直しが大切です。