シミ ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚に酸性の薬剤を塗り、皮膚表面の角質を化学的に剥がすことで、ターンオーバーを正常化に促す美容法です。

 

正常なターンオーバーは、細胞の活性化を促進させます。そして、古い角質に蓄積されたメラニン色素の排出を促すことから、シミにも有効な手段として注目されています。

 

ケミカルピーリングの薬剤

ケミカルピーリングは、症状、肌質によって薬剤の種類、濃度を決定します。使用する薬剤は、大きく分けて弱い薬剤と強い薬剤になります。

 

弱い薬剤は、フルーツ酸と呼ばれているAHA(アルファヒドロキシ酸)を始め、サルチル酸、グリコール酸などです。安全性が高く、ダウンタイムがないので数時間後にメイクが可能です。

 

強い薬剤は、TCA(トリクロロ酢酸)という大変強力な薬剤で、熟練した専門家でないと扱えないことから、施術している所が少ないようです。非常に強力ですので、効果も高いですが、ダウンンタイム(7日〜14日)があります。

 

ケミカルピーリングに適したシミ

ケミカルピーリングはターンオーバーを正常化させ、皮膚内に蓄積されているメラニン色素の排出を促すので、「老人性シミ」「そばかす」に向いてますが、

 

「特に老人性シミが、適しています」

 

長年、紫外線を浴びることで皮膚の老化現象が速く進むことを光老化といいますが、老人性シミのある皮膚は、光老化が進んでいると考えられる為、シミだけではなく「しわ、たるみ、毛穴の開き」など合併している場合が多いかと思います。

 

古い角質を除去し、新陳代謝を活性化させることで、メラニン排出を促す効果の他に、しわ、たるみ、くすみ改善、毛穴の引き締め、美肌効果など「様々な美容の効果が同時に期待できます」