シミ ハイドロキノン

ハイドロキノンは、強力な還元作用があるので市販の美白化粧品などに配合されています。

 

元々は医師の処方箋がなければ手に入らなかったのですが、2001年の薬事法改正により厚生労働省から認可され、化粧品へ配合が許可されました。

 

ハイドロキノンは、メラニン生成に関わる物質を抑制し、メラニン色素の分解、メラノサイトの破壊などの作用により美白効果を発揮します。

 

ハイドロキノンは不安定な物質な為、濃度が高くなると保存が難しくなります。濃度が高いと刺激が強く、長期の使用で色素沈着の増強、白班の発生、発癌性などの副作用が指摘されています。

 

濃度が高ければ効果も強力に作用しますが、それに伴う「副作用のリスクも高くなります」濃度が高ければ良いというものではありませんので、注意が必要です。

 

ハイドロキノン療法

ハイドロキノンは、真皮メラノサイトーシス、太田母斑といった「アザ(母斑)」以外のシミに有効とされていますが、必ずしも高い効果がでる訳ではありません。

 

皮膚科などでは、ハイドロキノン単体で処方することは少なく、「トレチノイン」という強力なターンオーバー促進作用がある薬を一緒に処方することが多いです。

 

したがって、ハイドロキノンを含有している美白化粧品、単体の使用だけでは、効果は高くないので、過剰な期待はしない方がよいでしょう。